読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもアリの

テレビ番組の感想を綴るブログ

金曜ドラマ 表参道高校合唱部! vs 民王

今回の夏ドラマでネット上で特に評価が高いのが表参道高校合唱部!(TBS)と民王(テレ朝)の2つ。実際自分もこの2つが特に好きで、毎週金曜日が楽しみになっている。

「表参道高校合唱部!」の方は主役を始めとした生徒役は全てオーディションで決めたらしく、民放の連ドラでは珍しいことだと思う。
主演俳優でドラマを見るかどうか決める人にとってはノーマークの作品だったに違いない。
でも個人的には主演にまだ名前の売れてない芳根京子という新人女優を起用してるあたり、逆に演技には期待できるのではないかと思っていた。
そして蓋を開けてみれば芳根の存在感ある演技やクライマックスでの合唱の爽やかさが話題を呼び、ネットでは絶賛の声が相次いだ。
主人公の女の子が地方から都会に出てきて様々な問題を持ち前の明るさで解決、という筋書きは実に朝ドラ的。現在放送中の本家朝ドラが不甲斐ないため、今年の朝ドラ枠は個人的に前クールの「天皇の料理番」と合わせてこの作品。

一方の「民王」は原作に「半沢直樹」の池井戸潤、脚本に「ケイゾク」の西荻弓絵、演出に「TRICK」の木村ひさし、そして主演の親子役に現在各ドラマに引っ張りだこの遠藤憲一菅田将暉。この布陣で面白くならないはずが無い。
人格入れ替わり物という過去にいくつも作られた例のあるフォーマットながら、父親が総理大臣という設定を活かしたブラックユーモア、テンポの良いボケツッコミ、主演2人の突き抜けた演技力により爆笑の仕上がりになっており、早くも今期ナンバーワンとの呼び声も高い。

甲乙つけがたい2作だが、個人的には役者をオーディションで選び、オリジナル脚本で挑んだ「表参道高校合唱部!」の方を応援したい。裏番組の関係で視聴率に恵まれない枠ではあるけど、徐々に支持されていって欲しい作品。