読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもアリの

テレビ番組の感想を綴るブログ

キングオブコント2015 ファイナリスト決定!

数あるお笑い賞レースの中で個人的に一番好きなのがキングオブコント
コントが好きというのもあるけど、準決勝まで進んだ芸人達による審査や司会のダウンタウンとのひな壇的なやり取りなど、他の大会には無い特徴によるところも大きい。
そして何よりファイナリストのチョイスの仕方が凄い。昨年大会は特にそれが顕著で、普通なら有名どころを何組か入れそうなものなのに、まるでバラエティー番組で見ないメンツばかりが揃った。これにはお笑いファンも「視聴率大丈夫なのか!?」と心配した(そして実際悪かった)。

そして今年のファイナリストが発表された。

・コロコロチキチキペッパーズ
・アキナ
・バンビーノ
・巨匠
・ロッチ

このメンツを見てまず思ったのは「去年よりかなり視聴者に寄せにいったな」ということ。決勝は10月11日の日曜日放送で裏に高確率でイッテQが来そうなので、さすがに去年のような視聴率を捨てたとしか思えない人選はできなかったか。

各ファイナリストについて個人的に思うところ。

4年連続決勝進出という大会唯一の記録を更新。初の決勝で披露した「イタトン」は歴代のファイナリストのネタの中でも出色の出来だったと思う。しかしその後の松竹芸能からの離脱や不倫スキャンダルなどYahooニュース案件ばかり先行してコントの実力があまり世間に浸透していない感があり、非常に勿体無いと思う。
昨年大会ではバンビーノとの対決で敗れ1本しかネタができなかったので、今回は2本ネタをできることを願う。優勝する実力は十二分にあるのだし。

2年ぶり3回目。かつて同じ松竹芸能所属だったさらば青春の光と同じ年に決勝進出したこともあり、未だに2組はライバル関係の印象がある。癖の無いわかりやすいコントをする一方で爆発力に欠けるため、前回出場時には最下位に終わってしまった。しかし今年の準決勝のネタでは新境地を開拓したらしく、期待ができる。

7年ぶり2回目。第1回大会で決勝進出して以来遂に返り咲き。初めてこのコンビを見たのは爆笑オンエアバトルで、非常にスタイリッシュで完成度の高いネタをしていたので結構衝撃を受けた。その勢いのままキングオブコント決勝進出するも、以降目立ったブレイクは無く、世間的には尾関が広島カープ芸人というイメージくらいしか無いのではないかと思う。しかしここに来て返り咲き、しかも準決勝では相当ウケていたと聞く。7年分のネタストックもあるし、優勝に一番近いコンビかもしれない。

  • ロッチ
5年ぶり3回目。コント番組「爆笑レッドシアター」で一躍人気になり、放送終了後もバラエティーで活躍している印象だったが、キングオブコントに関しては毎年準決勝には残るものの、同じレッドシアター組であるジャルジャルとしずるの方が毎年決勝を期待されており、自分もロッチは今後決勝には行かないのではないかと思っていた。まさかまた賞レースでこのコンビのネタが見られるとは思わなかったので、素直に楽しみ。

以下は2年連続決勝組。

  • 巨匠
昨年大会ではシソンヌと接戦の末惜敗し、事実上の決勝戦とまで言われた。ボケの岡野のギャンブル狂いから来る哲学的でいて頭のおかしいネタは唯一無二。今年は2本目も見たい。

  • バンビーノ
昨年大会で披露した「ダンシングフィッソン族」は今や広い世代に認知されすっかり人気コンビに。今最も数字を持っている芸人の1組かもしれない。視聴率重視で考えるならばこの選出はアリ。ただ準決勝のネタは既にあちこちでやってしまったので、決勝でどう評価されるかは未知。良いネタではあるんだけど。

  • アキナ
昨年大会では初戦敗退ながら「取れへん」で爪痕を残した。同じ年のTHE MANZAIでも最終決戦まで進むなど、賞レースに強い印象があるコンビ。静かにブラックなコントが多いので、異彩を放つことができるか。

以下は初決勝組。

今回個人的に一番楽しみなコンビ。準決勝ではかなり変わりダネなコントをしたようなので、早くそれが見たい。ラララライ体操のイメージを大きく払拭するチャンス。決勝後に一番ブレイクするのはこのコンビかも。

えっ!まだ決勝出たこと無かったの!?というくらい毎年ファイナリスト予想では名前が挙がるトリオ。知名度、華、ネタの面白さを3つ兼ね備えた稀有なトリオなので、ここらで再評価されてほしいところ。

  • コロコロチキチキペッパーズ
まだ若手で大阪を活動拠点としているが、ガキ使の山-1グランプリアメトーークのパクリたい-1グランプリなどで見たことある人も多いと思う。ボケのナダルのおもしろフェイスと美声が特徴で漫才しか見たことが無かったが、準決勝でもウケていた組としてよく名前が挙がっていたので期待はできる。