読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもアリの

テレビ番組の感想を綴るブログ

2016春ドラマ 期待作品

ドラマ

4月スタートの連続ドラマで初回を観る可能性の高い物まとめ。

火の粉(フジ・土曜23時40分 4/2スタート)
出演: ユースケ・サンタマリア、優香、朝加真由美大倉孝二木南晴夏佐藤隆太伊武雅刀
一家殺害容疑で無罪を勝ち取った主人公が引っ越し先の近所に住む家族に接近する。ユースケ・サンタマリアの危険人物ぶりに注目。

とと姉ちゃんNHK・月曜〜土曜8時 4/4〜)
出演: 高畑充希西島秀俊木村多江相楽樹杉咲花向井理片岡鶴太郎大地真央
雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子をモデルに、亡くなった父親の代わりに家族を守る主人公を描く。多彩で豪華なキャストだが、仕事のパートナーを演じる唐沢寿明に最注目。

ラヴソング(フジ・月曜21時 4/11〜 )
出演: 福山雅治、藤原さくら、菅田将暉夏帆田中哲司、宇崎竜童、水野美紀
福山雅治が本業のミュージシャン役に初挑戦。ヒロインの藤原さくらはこれをきっかけに歌手としても女優としても飛躍すること間違いなし。個人的には菅田将暉目当てで観る。

重版出来!(TBS・火曜22時 4/12〜)
出演: 黒木華オダギリジョー、坂口健太郎、荒川良々安田顕松重豊
週刊コミック誌の編集部に配属された主人公と編集者、漫画家たちの交流を描く。出演者は上記の他に小日向文世滝藤賢一ムロツヨシなど個性派揃いで、他のドラマに人員が足りているのか心配になるレベル。

世界一難しい恋(日テレ・水曜22時 4/13〜)
出演: 大野智、波瑠、小池栄子北村一輝
仕事は出来るが女性との付き合い方は下手なホテルの若社長を巡るラブコメ。嵐ファンの女子に向けたドラマという感じだが、朝ドラ後初連ドラとなる波瑠を見届けるために観てみる。

早子先生、結婚するって本当ですか?(フジ・木曜22時 4/14〜)
出演: 松下奈緒貫地谷しほり、佐藤仁美、八嶋智人、尾藤イサオ、松坂慶子
婚活という目新しさの無い題材だが、貫地谷しほり目当てで一応観てみる。

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(TBS・金曜22時 4/15〜)
出演: 中谷美紀藤木直人瀬戸康史大政絢徳井義実夏木マリ
アラフォーの主人公が恋愛を通して自分を見つめ直すという最早やり尽くされたテーマだが、中谷美紀が演じるという点は気になる。

お迎えデス。(日テレ・土曜21時 4/16〜)
出演: 福士蒼汰土屋太鳳鈴木亮平
幽霊を憑依させる能力に目覚めた主人公が死者の未練を解決していく。ウサギの着ぐるみを着て演じる鈴木亮平にも注目。

99.9 刑事専門弁護士(TBS・日曜21時 4/17〜)
出演: 松本潤香川照之榮倉奈々青木崇高藤本隆宏奥田瑛二岸部一徳
刑事事件の99.9%が有罪になる中、残りの0.1%の可能性を追求する弁護士を松本潤が演じる。下町ロケットばりに男臭いドラマになりそう。

OUR HOUSE (フジ・日曜21時 4/17〜)
出演: 芦田愛菜シャーロット・ケイト・フォックス山本耕史塚本高史松下由樹橋爪功
3年前に撤廃したドラマ枠がなぜか復活。同枠の「マルモのおきて」「ビューティフルレイン」で主演した芦田愛菜を三たび起用。加えて「マッサン」のシャーロットが共演、野島伸司が脚本と話題性は十分だが、期待値は正直言って微妙。日曜らしいホームドラマになっていれば良いけど。。

ゆとりですがなにか(日テレ・日曜22時30分 4/17〜)
出演: 岡田将生松坂桃李柳楽優弥安藤サクラ、太賀、吉田鋼太郎
宮藤官九郎が「ゆとり世代」の実態を描く。この作品の主人公達の年齢が自分と同じ1987年生まれの設定ということで、個人的にものすごく共感できる内容になりそう。

僕のヤバイ妻(フジ・火曜22時 4/19〜)
出演: 伊藤英明木村佳乃相武紗季佐藤隆太宮迫博之
妻の殺害を画策しようとした主人公が逆に事件に巻き込まれてしまう心理サスペンス。前クール「ナオミとカナコ」に通ずる物があるが、高畑淳子&吉田羊ばりの名演が飛び出すのかどうか。しかし佐藤隆太はフジテレビのドラマに出過ぎである。

グッドパートナー 無敵の弁護士(テレ朝・木曜21時 4/21〜)
出演: 竹野内豊松雪泰子杉本哲太國村隼
元夫婦の弁護士コンビによる「法務&ホームドラマ(公式より)」。キャストが手堅く、安心して観られそう。


トットてれびNHK・土曜20時15分 4/30〜)
出演: 満島ひかり吉田鋼太郎中村獅童ミムラ、岸本加世子
黒柳徹子のエッセイ「トットひとり」「トットチャンネル」が原作。脚本は「花子とアン」の中園ミホ、音楽は「あまちゃん」の大友良英というヒット朝ドラの布陣。というかこれが朝ドラでも良かった気がする。


個人的な今期の最注目作品は「重版出来!」。「ゲゲゲの女房」「アオイホノオ」「バクマン。」など漫画業界を題材にした作品はいずれも人気作となっており、このドラマも例に漏れないと思われる。

とと姉ちゃん 1 (NHKドラマ・ガイド)

とと姉ちゃん 1 (NHKドラマ・ガイド)

トットひとり

トットひとり