読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもアリの

テレビ番組の感想を綴るブログ

キングオブコント2016 感想

毎年恒例のコントの大会が今年も開催。去年から準決勝敗退した芸人による匿名審査が廃止され、ダウンタウン松本人志さまぁ〜ずバナナマンによる審査形式に変更。そのためか大会の雰囲気がガラッと変わり、従来の形式が好きだったお笑いフリークからは賛否が巻き起こった。今年も基本的な番組の構造は変わらなかったが、全体としては去年よりもウケていて一安心。ただ一巡目は去年のコロチキ、ロッチを踏襲したような天丼ネタが続出し、その結果審査の決め手として順番に泣かされるコンビが多かったように思う。

  

  • しずる 

決勝進出回数は歴代最多タイの4回。ここ3年は決勝から遠ざかっており、今年の27時間テレビでも新ネタではなく過去のKOC決勝ネタを披露したりと心配に思っていたが、杞憂だった。準決勝の評判を聞いても間違いなく優勝候補だと思ったが、もっと順番が後であれば最後の5組に残れたであろうことを考えると勿体無い。ネタ自体は得意のハードボイルドな世界観に全く中身のないバカバカしさが加わり、非常にしずるらしいネタだった。

 

3回目の決勝進出。2011年「西岡中学校」のネタで鮮烈な全国デビューを飾り、それ以降も準決勝の常連だが2014年決勝で大敗し事実上の最下位に。普段はブラックなネタが多いが、今回は野球拳の替え歌に乗せた変化球ネタで勝負。溜口の歌唱力が素晴らしかったが個人的にはそっちに気を取られて肝心のネタの内容が全く頭に入って来なかった。会場がかなりノッていて本人達にとってもホームな状況なら爆発的にウケるんだろうなぁと思う。あと溜口の動きが日村っぽかった。

 

3回目の決勝進出、2013年王者。ボケのう大の冷笑的で切れ味鋭いワードセンスが持ち味のコンビ。コント師としての能力はこの中でも頭一つ二つ抜けている印象。今回はセリフよりも設定に重きを置いたネタで、特に1本目の「念」は今大会で最も発想が凄かったネタ。ただ設定の面白さを展開が超えてこなかった感。しかしこういう見る人を選ぶタイプのコント師のネタが2本も見れるというのがこの大会の良さだと思う。

 

かつてはジャルジャルモンスターエンジン天竺鼠らと共に大阪吉本の若手有望株として注目され、東京のネタ番組にも出ていたが、全国的な知名度では他3組から遅れを取っている印象だった。しかしネタの実力はあり、先日歌ネタ王で優勝したばかり。今回のネタも2本とも面白く、優勝してもおかしくなかった。あの首が落ちるマジックは欽ちゃんの仮装大賞で初めて見て衝撃を受けたのだが、このネタの中では物凄い雑に扱われてたのがツボ。2本目のホームルームネタはこのコンビの代表作なので見れて良かった。あと関西の芸人だからか間が凄く上手いと思った。

 

  • ななまがり

2年前の準決勝の模様をDVDで観て一番心掴まれたコンビ。今回のネタも個人的に一番笑った。日村も審査コメントで言ってたけど、何でこのネタを思いついてこの大会でやろうと思ったのか全く意味不明。点数こそ低かったが、異様な空気を持つコンビとして視聴者の記憶には刻まれたと思う。

 

2年連続決勝進出。天丼ネタが続いた中で彼らのオーソドックスなドタバタコントは非常に光っていた。今回優勝したライスと同点1位で折り返し、最後まで接戦だった。去年は会話劇中心のスマートなネタをやろうとしている感じがあったが、今回のおバカコントの方が彼らのキャラが生きていると思う。去年のロッチのように2本目で失速しなくて良かったw

 

  • だーりんず

近年、バイきんぐやハリウッドザコシショウなどのチャンピオンを輩出し注目を集めるSMA所属。ファイナリスト中最年長。今回下ネタを扱うコントが多かったが、このネタはゴールデンではギリギリアウトだったと思う。演技力や話の運びは安定していただけに、題材がもっとフラットであれば上位も狙えたのではないかと思う。

 

去年のM-1グランプリでファイナリストになったことも記憶に新しく、漫才師のイメージが強い。ボケの関が器用で安定した笑いを生み出すことができるが、内容が浅いと見られ同業者からの評判は悪いらしい。今回5人の審査員がどう評価を下すのかある意味一番気になるコンビだったが、結果は大健闘。ただここが優勝してしまうと他のコント一筋の芸人達の立場が無いので、4位で落ち着いてくれて正直ホッとしている。

 

2回目の決勝進出。ワンシチュエーションで引っ張るネタを得意とするが、今回は他にもそういったネタをするコンビがたくさんいたため持ち味が発揮されなかった。宮澤は明らかな変人キャラよりも教師役の方が似合うと思う。

 

  • ライス (優勝)

しずると同期でネタの傾向も似ているが、テレビ露出はかなり少なく、存在がネタバレしていなかったことが少なからず今回の優勝に影響したと思う。2本目は「ウェイターに水をこぼされてお漏らししたみたいになっちゃう客」という設定で行くのかと思いきや、それを逆手に取ったネタで華麗に予想を裏切られた。おめでとう。

 

 1本目は似たテイストのネタが続いたので若干飽きが来たが、2本目は例年のように失速するコンビもいなく、尻すぼみにならなかったのが本当に良かった。twitterでは観客の反応に対する苦言も散見されたが、個人的にはそこは目をつぶってネタを楽しみたいと思う派。まあ準決勝敗退芸人をスタジオに入れるのが一番の改善方なんだとは思う。